エンジニアは副業で収入アップ目指すなら転職した方が効率的?

IT業界も続々と副業を認める動きが出てきたので、これを機に副業をしようと考えてる人も多いと思います。

副業をする理由は様々ですが、やはり収入を上げたい!!

というエンジニアが多いですよね。

しかし、収入を上げたい!!

と考えるなら、副業をするよりも転職した方が効率的な場合があるのをご存知でしょうか?

意外な盲点となってますが、IT業界というのはどちらかというと転職した方が効率いい場合が多いのです。

特に年収300万〜400万前後であれば年収500万以上にいつなれるのか?ということがポイントになる為、年収アップの最短が転職だった!!

なんて人も結構います。

そこで本記事では、副業探す前に本業を見直した方がいい理由について紹介していきます。

副業よりも本業の見直しをした方がいいエンジニアとは?

年収アップするなら副業よりも本業を見直した方がいいエンジニアというのはいくつかの条件に当てはまる人です。

それは自分が所属している会社の30代でもらえる給料が年収500万に満たない可能性が高く、40代で年収600万円を超えないエンジニアです。

今の時代、30代から40代で年収500万〜600万であれば少し会社を変えるだけですぐに達成できるのがエンジニアの世界です。

もし副業でカバーしてこのあたりの年収を目指したいというのであれば、まずは本業を見直す事をおすすめします。

年収は企業に依存!何で決まるのか?

突然ですが、ここでクイズです。

年収は何で決まっているでしょう?

その人の能力?
役職?
それとも働く時間?

上記の話はどれも正解であり間違いでもあります。

年収が決まる1番の理由は会社の給与テーブル!

自分が所属している会社の給与テーブルに則り
給与は決められています。

例えば30代で年収500万〜600万が欲しい

と思った時には30代で到達できる給与テーブルに
500万〜600万の可能性がないといけないのです。

はい、ここテストに出るとこです笑

つまり、会社に入った時点で自分の実力など関係なく
ある程度先まで給料は決まっている
というわけ。

例えばものすごく実力が認められて前例のない程
昇進が早いとか、とんでもないボーナスが出る
なんていうラッキーを除けば貰えるお金は決まってるんです。

このことを考えると年収500万に満たない30代半ばから40代のエンジニアはより良い給与テーブルを持った企業に転職した方が年収アップの可能性が高いのです。

副業できる環境を整えるのに転職は最適?

最近は多くの企業が国の方針に則って副業を許可しはじめました。

というものの日本の企業の7割方はまだまだ副業禁止の企業のため、本ページを見ているほとんどの人が副業は禁止されているのではないでしょうか?

更にIT業界に限って言うとまだまだ働き方改革の恩恵も薄く、残業が多くて副業どころではないという会社も多く聞きます。

しかし、その一方でサイボウズをはじめとしたIT企業では副業が許可されており、かつ給料も充分な会社というのも存在しています。

実際にIT業界関連で副業OKの条件を持つ求人をリクナビNEXTの検索をかけてみたところ、実に125件の求人が見つかりました。

リクナビNEXTだけでなく他の求人サイトDodaやマイナビなどもあわせるとかなりの数の求人が出てきます。

また、副業OKの企業だけでなくフレックス制度を設けている会社やほぼほぼ定時で帰宅する残業ゼロの企業など、現在は様々な企業が出てきています。

年収アップするだけでなく就労環境を整える事によって、副業自体もやりやすい環境を手に入れる事が可能となります。

よって、リクナビやDodaをはじめとした転職サイトやWORKPORTTech Stars AgentといったIT業界に特化したエージェントには転職を予定していなくても登録し、求人を見ておくというのはいざと言う時の強味にもなるのでおすすめです。

手っ取り早く収入アップするならフリーランスもおすすめ

現在の収入から手っ取り早く収入アップする最短の道としてはフリーランスになる事です。

1~2年のエンジニアの経験があれば、フリーランスエージェントに登録する事で確実に収入アップする事ができます。

個人事業主になる為、若干の不安があるかもしれませんが、年収300万などは軽く超え、600~700万程度は確実に得る事ができる手段の1つです。

またフリーランスになると基本的によっぽどの炎上案件や無理強いをされなければ定時内で仕事が終わる程度の業務になる事が多いです。

よってエンジニアの本業をこなしながらサブで他の副業を持つ事で事業の柱としていくつかの収入減を持つ事ができます。副業と言いつつ事業として拡大していく意志を持ってやれば、エンジニアとしての収入以外でも収入を得る事も夢ではありません。

また、数年の経験をしたのちに会社員に戻る事も可能なので、一度フリーランスとして収入アップを果たした後に改めて条件の良い企業に転職するというのも1つの方法です。

フリーランスになるのもレバテックフリーランスクラウドテックといったフリーランスエージェントに登録する事でフリーランスとして活動する事ができます。

税務署に開業届を出したり確定申告が必要だったりと多少の手続きは必要ですが、すぐになる事ができますしエージェントを利用すれば仕事に困る事はありません。

ちなみにレバテックレバテックキャリアレバテックエキスパートというIT業界専門の転職エージェントも持っていますので、フリーランスだけでなく正社員の相談も乗ってもらう事ができます。

よってフリーランスエージェントの中でも登録必須の企業なので、登録して様子を見に行くと良いです。

まとめ

エンジニアは副業をやるよりも転職をした方がいいというテーマでしたがいかがだったでしょうか?

現状の収入に満足いかずに副業を行うのも1つの選択肢ですが、収入アップを目指すために転職するというのも1つの立派な選択肢ですので検討してみてくださいね。

スポンサーリンク