インフラエンジニアはきつい?10年選手のエンジニアが語るきつい理由

システムエンジニアというとアプリとかWeb系エンジニアといった所が人気の昨今ですが、そんな人たちを裏で必ず支えているのがインフラエンジニア。

しかしインフラエンジニアって仕事の実態が見えにくかったり、

業務がきつい!!

なんていう話もよく聞くので、実際インフラエンジニアをやってみたい人も躊躇する事が多いのではないでしょうか?

そこで今回はインフラエンジニアを実際に経験し、IT業界に10年以上関わっているエンジニアがインフラエンジニアが本当にきついのか?というテーマで語ってみたいと思います。

インフラエンジニアがきついとは具体的に何がきついのか?

インフラエンジニアはきつい!!というイメージが先行しているからか、具体的に何がきついのか?という話になると

とにかく激務

とか

残業が多い

とかいう話に収束しがちですが、実際問題何がきついのか?と言われると

インフラはとにかく何でもやる!!

という意識が何となく蔓延している事から、とにかく何でもやらなければならないキツさというものがあります。

時にセットアップ、時にキッティング、時にチューニングとインフラエンジニアはとにかくやる事が多いのです。

そんな中でも特にインフラエンジニアがきついと言われる理由には体力面でのキツさと精神面でのキツさに分ける事ができます。

体力的にきついインフラエンジニアの仕事

インフラエンジニアの仕事の中にはどうしても体力的にきつい場面に遭遇する仕事が含まれています。

代表的なきつい場面について説明していきます。

夜勤や休日出勤の仕事が避けて通れない

なんと言ってもまず気にしておきたいのがインフラエンジニアは

夜勤や休日の仕事が避けて通れない事。

現代のシステムは24時間365日動いているシステムも珍しくなく、メンテナンス時間帯ぐらいしかシステムメンテナンスを行う時間がないシステムもザラです。

そもそもオペレーター業務などは夜間帯も含めて仕事が進んでいますし、お客の業務と言うのは平日土日日中帯という事がほとんどだと思うので、基本システムって止めれません。

そうなってくるとシステムメンテナンスが可能なのは休業日もしくは夜間というのが相場です。

休日の限られた時間で作業を行うとか夜間帯でデータ移行を完了させるとかそういったオーダーが下るのがインフラエンジニアの宿命なのです。

インフラエンジニアで休日や夜間作業をした事ない!!

なんていうエンジニアはほぼ存在しないと思いますので、インフラエンジニアとして生きていくなら覚悟が必要です。

作業環境が悪かったり空調がきつい場所での仕事がある

インフラエンジニアと言えばサーバー構築という印象を持っている方も多いと思います。

そのサーバー構築についてですが、

機器を入れる場所がデータセンターやサーバールームという事もあり、

作業場所が整っていない場合も多いです。

ほこりが溜まっていたり、立ち作業するしかない環境だったりと劣悪な環境の場合もあります。

更に機器がオーバーヒートしないように空調がかかっている事が多く、めちゃくちゃ寒かったり、体に悪そうな空気が出ていたりと割と過酷な環境なので、体力を削られるんですね。

こういった環境での作業がきついというエンジニアも一定数存在しているのが現状です。

機器のセッティングをはじめとした体力仕事がきつい場合もある

インフラエンジニアは設計や構築以外にも

稀に機器のキッティングや解体をやる場合もあります。

これらの作業は重いサーバーを担いだり、ケーブルの配線を行ったりと体力仕事です。

特にユーザー企業の社内SEとの仕事だったり、それらの企業に派遣されるエンジニアの場合はこういった場面にも遭遇しますので体力的にきつい面があります。

ユーザー企業やユーザー系SIerでインフラエンジニアとして生きていく場合、このような仕事をあてがわれる場合もあるかもしれないと思っておいてくださいね。

精神的にきついインフラエンジニアの仕事

体力的にきつい仕事の一方で精神的にきつい仕事というのもあります。

体力的にきつい仕事の一部も場合によっては精神的にきついのかもしれませんが、ここではインフラエンジニアの仕事内容で特に精神的にきつい仕事を紹介します。

業務の継続困難に直結トラブルが多い

インフラのトラブルは例えばシステムの原因不明の停止やネットワークの切断といった業務が継続困難に直結するトラブルが多いです。

インフラが止まる=システムが止まる

という可能性があるため、インフラのトラブルはすぐに解決しないといけないというプレッシャーが凄いです。

このプレッシャーに耐え切れずにインフラエンジニアがきつくて辞めてしまうエンジニアもいるという事を肝に銘じておきましょう。

製品バグだとエンジニアだけの力ではどうにもならない

インフラのトラブルの中には製品バグが原因の場合もあります。

そうなるとプログラムの改修でどうにかできるアプリとは違い、

製品の交換やバグ対応でどうにかしなければならない場合があります。

しかし、製品メーカーにトラブル状況を伝えてもバグと認めてもらえない事もしばしば。

メーカーもバグと認めるまでには調査に時間がかかるため、その間どう対処するか?の施策を考えたりやる事もたくさんです。

正直プログラミングで解決できるならそっちの方が良い・・・。

なんてことを思うエンジニアもいるぐらい精神的にきついと感じるエンジニアもいるようですね。

性能問題が発生すると地獄

インフラエンジニアとしてトラブルの中で一番恐れているのは性能問題でしょう。

ネットワーク性能やサーバー性能、データベース性能など多くの部分で性能問題というのは時に残酷にエンジニアに牙を剥きます。

テスト中でも性能問題になるのは正直避けたいところですが、これが本番業務中に起こるとなるとはっきり言って地獄です。

ネットワークの帯域不足によって業務影響が発生したり、

サーバーのCPUやメモリ不足によって業務アプリが動かなくなったりと

様々な原因が考えられますが、

これらの性能問題が発生すると1秒でも早く原因究明や解決策を求められる為、

報告書が増えたり残業時間が増えたりと

精神的にも肉体的にもきつい状態になってきます。

それらの問題を解決するという意味でも仮想化やクラウドといった環境が利用されてきていますが、性能をしっかりと設計できていないと問題が発生するという点では変わりないので要注意です。

性能問題が発生して対処した事があるインフラエンジニアであれば、性能問題は確実に起きてほしくないトラブルの1つになりますのでこれからインフラエンジニアとなる人は肝に銘じておいてくださいね。

インフラエンジニアのきつい仕事はなくなってきている?

ここまでインフラエンジニアのきつい仕事についてお話してきましたが、近年は上述したようなきつい仕事は徐々になくなってきています。

その理由がクラウドサービスが台頭してきている事です。

近年ではAWSやGCPといったクラウドサービスを採用し、企業内にサーバーを持たない企業が増えてきている事から、上述したようなサーバールームでの仕事やキッティング、製品バグに直面する機会が減ってきています

性能問題についてもサーバー機器の高性能化やクラウド環境におけるスケールアウトが簡単にできるようになっているお陰で発生する頻度が減りました。

よって上述したようなきつい仕事自体がなくなってきている現状がありますし、今後はますますなくなっていくものと思われますので気にする必要がなくなってきています。

正直、クラウドの台頭によりインフラエンジニアがやる事も変わってきたというのが現在の状況です。

今からインフラエンジニアを目指す場合や仕事として従事する場合はクラウドの知識は必須となりますし、今後必ず必要になり重宝される分野でもあります。

このあたりのことは以下の記事に記載しているので、時間があれば読んでみてください。

インフラエンジニアを目指すならIT業界専門転職サイトへ

インフラエンジニアを目指すならリクナビNEXTなんかは当たり前に登録しておくべきサイトですが、同時にIT業界専門の転職サイトへ登録しておくのがおすすめです。

転職する上で情報収集は欠かせないので、一般的に超大手で誰もが登録していて情報量も多いリクナビNEXTに加えて、IT業界専門の転職エージェントのWORKPORTマイナビエージェント×ITあたりは必須で登録しておくのが望ましいです。

まとめ

インフラエンジニアは確かにきつい部分もありますが、近年ではそのきつい仕事自体がなくなってきています。

もちろんインフラ自体の仕事の形が変わってきているという意味であって、インフラ自体がなくなるわけではありませんので思っていたキツさがないのであれば目指してみるのもいい選択肢です。

インフラを覚えておくと何かと差別化できて便利なスキルでもあるので経験してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク