東京と大阪の間にある名古屋

名古屋市が存在する愛知県と言えば、世界に誇るTOYOTAが本社を置いている場所として有名で景気が良い地域としても有名です。

そんな名古屋を中心にフリーランスとして活動しているエンジニアが最近は増えてきており、フリーランス向け案件も増加傾向にあります。

東京、大阪に続く第3の商業都市としても有名な名古屋なので、多くの会社が集中していますし、エンジニア不足の中での需要増加という状況にあるようです。

そこで本記事では名古屋でフリーランスとして活動する場合の案件事情や単価事情、名古屋を中心に案件獲得に動いているフリーランスエージェントを紹介していきます。

名古屋のフリーランス案件事情

名古屋という土地は東京や大阪とはまた違った成長をしてきており、IT業界の中でも独特な地域として有名です。

あの有名なTOYOTAをはじめ多くの企業がある地域だけあって、経済的にも非常に景気が良く案件単価の平均も東京に次いで高い地域です。

名古屋を中心とした地場産業も多く栄えている為、名古屋という土地に根差した会社が強く生き残っており、フリーランスエンジニアにも多くのチャンスが与えられる地域でもあります。

仕事の種類としてはTOYOTA系列の仕事が多いのはもちろんの事、ブラザー工業、大同特殊鋼業、デンソーなんかも本社を愛知県に構えており、優良企業の仕事も多い地域なのでフリーランス案件も年々増加する状態となっています。

近年ではWeb系企業と呼ばれる企業も増加傾向にあり、サイト制作やEC案件、Webアプリ制作の案件も増えてきている為、フリーランスとして仕事をとりに行く地域の候補の1つとも言えますが、全体的な案件状況を鑑みるとWeb系案件よりもSIの案件が圧倒的に多い地域です。

後述しますが、東京の次に単価が高いとも言われている地域の為、多くのチャンスが眠っている地域と言えます。

コロナウイルスの影響について
TOYOTA自動車がかなりの減収減益を発表している事から、今後IT業界にも大きな影響を及ぼすものと考えられます。現在はコロナウイルスの影響により、IT関連のプロジェクトの多くが停止している中、EC案件やリモート環境の整備案件が増加するという状況でしたが、それらの需要が終わった後に更なる打撃が待っているものと思われますので、予断は許さない状況となっています。

名古屋の仕事の特徴

名古屋で展開されているエンジニア案件の仕事の特徴として、役割分担がはっきりとしているという点が挙げられます。

タスクや役割がはっきりとしている為、必要以上に干渉しあわずお互いに自分の仕事をしっかりとやりましょうという文化です。

昔から名古屋の人たちは物事の線引きがはっきりしているというか、自分のやるべき事をしっかりとやるという意識が強い県民性を持っており、まずは自分のできる事をちゃんとこなしましょうという文化です。

よって、他人の仕事を手伝うというよりは、自分に与えられたタスクを完璧にこなすといった事を期間内に確実に終わらせるスキルが必要になります。

名古屋の案件を獲得したら、まずは自分が与えられた仕事を完璧にこなし、その上で時間が余るようなら他人の仕事を手伝うというのが基本スタンスである事を覚えておきましょう。

関西方面みたいに人情でどうにかするといった文化はないので、目の前のタスクを完璧にこなすプロフェッショナルな人材が求められています。

あくまで与えられた仕事はきっちりとこなして当り前の文化なので、目の前の仕事は確実にこなすようにしましょう。

また、名古屋に住んでいる友人が話していましたが、名古屋の人は仕事中に余分な事を話さない人が多いイメージだそうで、仕事中の雑談も少ない仕事場が多いとの事です。

これはエンジニアに限らずですが、例えば飲食店で店員と客が仲良く話したり、受付でちょっとしたお世辞を言ったりといった雑談も少なく、自分の仕事の範囲を守ってやりきるのが名古屋の仕事の流儀と言えます。

特に名古屋や東海三県以外の外部から来た人間には、はじめは厳しく当たる事が多く、ちゃんと仕事をするかどうか見ています。

土地柄としては身内意識が強いので、なかなか打ち解けないという特徴もあるようですが、一旦受け入れられると仲間として迎えてくれて色々と優遇もしてくれるので、まずは受け入れてくれるまでしっかりと目の前の仕事をこなしていきましょう。

名古屋の単価事情

名古屋でフリーランスとして活動する場合の単価相場は上述したように東京と大阪の中間ぐらいの相場となっており、東京よりは5万~10万ほど安く、大阪をはじめとした関西方面と比較すると5万~10万ほど高い状況となっています。

東京ほどの高単価ではないですが、平均すると東京の8割5分~9割程度の単価を見込めるといった状況なので、全国的に見ると単価は高い方です。

以下の記事で大阪の単価事情について詳しくお話していますが、大阪は東京の8割程度の為、大阪よりも単価事情は良いと言えます。

大阪を拠点にするフリーランスエンジニアの単価事情について!大阪で働くフリーランサーが赤裸々に告白!

全国的には東京に次いで第2の都市が大阪なため、大阪の方が単価が良いのでは?と思いがちですが、大阪が商人の街としてお金にシビアな面があるという面と名古屋は景気がいいという面との2面が単価に現れているのが現状と言えます。

名古屋で活動するなら登録必須のフリーランスエージェント

ここからは名古屋でフリーランスエンジニアとして案件獲得する場合に登録必須とも言えるフリーランスのエージェントについて紹介していきます。

やはりと言っては何ですが、地方のフリーランスエージェントは常連とでも言うべき会社がしっかりと抑えて拠点を構えているので、名古屋でフリーランスエンジニアとして案件を獲得した場合には以下のフリーランスエージェントの登録は確実にしておくべきです。

レバテック

言わずと知れたレバテックフリーランス

名古屋の中心である栄に位置しているラシックやロフトの近くに事務所を構え、現在全国的にも多くの案件を抱えているエージェントのうちの1つです。

大阪と同じくとにかく多くのフリーランス案件を獲得しており、常に人を探している/span>という特徴がある為、名古屋でフリーランス案件を獲得したいなら登録必須のエージェントと言えます。

登録したらすぐに案件を紹介する素早さと膨大な案件を抱えているという状況は全国どの地域でも変わらず大きな強味となっています。

とにかく案件を探しているならレバテックフリーランスを頼りましょう。

高単価案件を取りに行くという意味でもどんどん協力してくれるエージェントなので、腕に覚えがある方は名古屋での最高単価に挑戦してみてください。

レバテックに無料登録

レバテックに関しては以下でも面談を通して気づいた事をレポートしています。あわせて参考にしてみてくださいね。

レバテックはフリーランスエージェントに登録するなら必須と言われる理由とは?実際に面談して分かった事

ギークスジョブ

ギークスジョブは名古屋でも徐々に勢力を伸ばしつつある新進気鋭のエージェント

こちらも圧倒的な案件数を武器に市場を拡大しており、更に高単価案件もかなりの数を有しているエージェントに成長してきています。

獲得できる案件は週5案件中心ですが、名古屋の高単価案件を軒並み獲得してきているのでガッツリと稼ぎたいフリーランスエンジニアにはうってつけのエージェントです。

案件に困る事はなさそうなぐらい仕事を取り揃えているとの事なので、一度覗いてみるとよいでしょう。

ギークスジョブは名古屋の伏見駅というビジネス街に位置する駅から徒歩5分圏内の位置に事務所をかまえています。

ギークスジョブに無料登録する

PE-BANK

フリーランスエージェントの走りでもある老舗エージェントPE-BANKは名古屋地域でも根強い勢力を誇っています。

地方のフリーランス案件と言えばPE-BANKと言っても過言ではないぐらい全国にフリーランス案件を抱えているエージェントの為、他の地域から名古屋に移住したとしても頼って良いエージェントです。

ただし、良くも悪くも昔ながらのSI案件で平均的な単価の案件が多くを占める為、確実に案件参画を決めたい時に使うと良いエージェントです。

名古屋では伏見駅というビジネス街に位置する駅のすぐ横に事務所を構えています。

PE-BANKに無料登録する

PE-BANKに登録してフリーランスエンジニアとして活動する事については、以下でもメリットとデメリットを紹介していますので、あわせて読んでみてください。

PE-BANKを利用していたITフリーランスエンジニアが語るメリットとデメリット

まとめ

名古屋のフリーランス事情についてまとめてお伝えしました。

TOYOTAのお膝元という事と地場産業の発達が独自の文化を構築している名古屋。

土地柄をしった上で臨めばフリーランスとしてやっていくにも何ら問題がない地域ですので、名古屋在住の場合はぜひチャレンジしてみてくださいね。

最新情報をチェックしよう!