フリーランスの確定申告はfreeeやマネーフォワードで十分できる!税理士に頼むのはその後!

フリーランスになると売上や経費の記帳は全て自分でやらなければなりません。

そして毎年のように気になるのが確定申告。年明けになると焦る人が続出しますよね。

個人事業主の宿命とも言えるその年の売上と経費を確定させ、税金を納める行為。

実際にやってみると思ったよりは簡単なのですが、はじめてやる場合には不安も多いと思います。

そこで本記事ではフリーランスならではの確定申告を簡単に行う為の方法を紹介していきたいと思います。

フリーランスの確定申告はクラウド会計ソフト1つあれば簡単!

いきなりの話になりますが、まずフリーランスとして確定申告に備えるなら

会計ソフトを一つ準備しておきましょう。

フリーランスの会計処理としては

  • 普段の売上や経費の記帳
  • 仕訳処理
  • 確定申告書類の作成
  • 確定申告書類の提出

といった処理が必要になりますが、これらの処理を一元管理して行う事ができるのがクラウド会計ソフトになります。

今なら

freeeもしくはマネーフォワード弥生会計

このあたりの会計ソフトがクラウド対応している為、どれか1つあれば十分対応できます。

と言いますか、これらの会計ソフトが十分過ぎるので困る事はないです。

どのソフトも年会費が1万円~2万円程度で利用できるので、経費として計上する予定で使い始めると良いです。

ちなみに会計ソフトは時短の為に絶対に使った方がいいです。

理由としてはフリーランスとして本業がある中、会計処理まで自分で全て行うのは本業に使いたい時間を削る事になるからです。

特にフリーランスとして独立直後の本業を軌道に乗せるタイミングで、

本業以外の事に手を取られるとなると歯がゆい経験をする事にもなりかねません。

実際にクラウドソフトを入れずに普段の取引を記録したり、売上や経費をまとめて確定申告まで行おうと思うとかなりの時間を要する事になりますので、そのあたりは覚悟の上で利用する事をおすすめします。

クラウド会計ソフトで初心者におすすめなのはどれか?

クラウド会計ソフトでは前述した通り以下の3種類のソフトが現在よく使われています。

弥生会計

マネーフォワード

freee

どれも一長一短で特徴を持っていますので、それぞれの特徴をまとめてみました。

クラウド弥生会計

まず紹介するのが弥生会計になります。

弥生会計ソフトはクラウドになる前から弥生シリーズとしてずっと会計処理をサポートしてきた会計ソフトで、昔から利用されている個人事業主の方も多いソフトになります。

会計処理としては基本機能を兼ね備えており、使う分には申し分がありません。

特徴を上げるとしたら以下の通り。

  • 弥生ブランドによる高い信頼性
  • 一通りの会計処理に対応
  • スマホアプリ対応による領収書取込が可能

弥生会計を詳しく見る

 

マネーフォワード確定申告

続いて紹介するのはマネーフォワードになります。

マネーフォワードはもともと個人の収支管理からはじまったソフトで、後に確定申告への対応も可能となりました。

個人の収支を収入と出費で口座連携して管理する事により、月々の収支を把握、マネープランを立てるためのアプリでした。

その後、個人収支を管理した上で確定申告にも対応できるようになったのがマネーフォワードクラウド会計

特徴を上げるとしたら以下となります。

  • 個人収支との連携がスムーズ
  • クラウド会計を一番はじめに開始した会社
  • 資金繰りの依頼も可能
  • 請求書作成や経費との連携が可能

マネーフォワードを詳しく見る

 

freee

最後に紹介するのがfreeeというクラウド会計になります。

freeeは近年一番人気があり勢いのあるクラウド会計ソフトになります。

後述しますが個人的には一番オススメで会計初心者にもやさしい作りとなっているクラウド会計ソフトになります。

  • 近年一番話題で利用されているクラウド会計
  • 初心者に優しくサポートが豊富
  • 銀行口座やクレジットカードとの連携がアプリで確認できる
  • 消費税や不動産に対応する確定申告書類の作成も簡単に可能
  • 税理士への依頼や会社設立なども実施可能

freeeを詳しく見る

会計初心者におすすめなのがfreee

上述したようにそれぞれの特徴がありますが、会計初心者であればまずfreeeを使う事をおすすめしています。

理由としては会計初心者でも確定申告までの一連の会計処理がトータルでやりやすくなっているから。

freeeは会計初心者向けに作られているので、かなり優しく親切な作りになっており、

わからない事にも真摯に答えてくれるチャット機能もついてくるので困った時のサポート体制がかなり親切に整えられています。

更に銀行口座やクレジットカードの連携機能も豊富な上に、

対応してない金融機関のカードもエクセルによる取り込みが可能だったり、スマホアプリ対応してたりと機能面でも便利です。

 

更に、はじめのうちは必要ありませんが、税理士の紹介会社設立相談、人事労務などの連携機能も豊富になっており、

会社経営にあたって必要な機能がトータルで揃っている事から、freeeを使ったら将来の事業計画も見込んだ経営が可能になるのです。

私自身、元々はマネーフォワードを使っていましたが、freeeが出てきてからはfreeeに切り替えて現在継続利用中ですし、税理士の紹介もお願いしました。

ちなみにどのソフトも銀行口座の登録とクレジットカードの登録をしておけば、自動で取引を記録してくれるので仕訳までのとりまとめがかなり楽にできてしまいます。

フリーランスとして契約金が決まった日にちに発生するエンジニアやアフィリエイトのように振り込み日が確定してる場合はそれで十分に記帳まで行う事ができるので困る事はないでしょう。

後は確定申告の時期に締め作業として申告書を作るだけですが、それすらも会計ソフトであれば画面の指示に従うだけで作る事ができるので簡単に終わりますし、途中で迷う事があったとしても相談も可能な為、税理士にお願いしなくても終える事ができます。

もちろん会計処理が複雑になった際には税理士にお願いする事もありますが、それすらもfreeeがあれば依頼する事ができます。

まとめ

フリーランスで確定申告を行う場合、自分1人では少し対応が大変ですが、クラウドの会計ソフトを利用する事で十分に対応する事ができます。

フリーランスの会計処理や確定申告で迷う事があっても専門家に相談する事も可能ですので、クラウド会計処理を利用して本業の売上をどんどんと伸ばしていきましょう。

スポンサーリンク