SES企業は大手と中小で大違い!大手SES企業で働くメリットデメリットと大手企業を一部紹介します

SESと一くくりに言っても大手SES企業と中小SES企業ではやっている事がまるっきり違ったりします。

SESはやめとけと唱える人が多い中、大手SES企業の場合はデメリットなど気にならないぐらいメリットの方が多い企業も存在しているので、一概にSES=悪みたいに決めつけるのは待った方がいいです。

むしろ、そういった情報が蔓延しているからこそ、メリットデメリットは自分でしっかりと語れるようにしておいた方がいいとも言えます。

本記事では大手SES企業で働く事のメリットデメリットの明確化、実際に大手と呼ばれている企業でSES事業に取り組んでいる会社を紹介していきます。

大手SES企業に入社するメリット

大手SES企業と呼ばれている会社は、日本の企業の中でもちゃんと制度が整っている会社が多く、SNS上で言われているようなデメリットよりもメリットが先行する事が多いです。

実際にどんなメリットがあるのか?以下で紹介していきたいと思います。

上流工程から経験を積む事ができる

SESでは下流工程や運用しかできないという話を易々と覆してくるのが大手SESのメリットです。

そもそもエンドから直請している案件が多い為、プロジェクトの発足から関わったり、案件獲得する部分を含め、上流工程から関わる事が多くなります。

上流工程から経験が積めるのは何がいいのかというと

  1. プロジェクト全体の流れを知る事ができる
  2. システムができあがるまでに必要な工程を知る事ができる
  3. 外注に依頼をする時の条件や内容を知る事ができる
  4. お客様と直接レビューする機会が多いのでレビュースキルが上がる
  5. リーダーやマネージャー、コンサルといったキャリアプランを持てる

こんなところでしょうか。

PGレベルでは単価が安い事が多いですが、上流工程を経験する事で単価を跳ね上げる事ができるのも大きなメリットの1つなので、上流工程の経験は資格を持っている事よりも大きな力を持つ事に繋がります。

エンジニアとしてのキャリアの幅が一気に広がるので、上流工程の経験を得られるに越した事はないのです。

現場に自社の先輩社員がいる

大手SESの場合、はじめに配属される現場はまず間違いなく同じ会社の先輩社員がいる現場になります。

そこである程度の経験と実績を積んだ上で、フォローが欲しい現場やこれから力を入れたい現場の仕事を任される事がほとんどな為、いきなり一人で現場に突っ込まれた・・・なんて事はないと思っていて良いでしょう。

同じ会社の先輩社員がいる事によって、質問も聞きやすいですし仕事のフォローもしてもらえます。

このあたりの当たり前のように整っていそうな部分が整っていない事が多いのがSESの闇でもあり、中小SES企業になればなる程こういった事象に出会う確率が増えるでしょう。

私の経験上も、自走力があってとにかくガンガンにやっていけるエンジニアならいいですが、ほとんどの場合はそううまくはいきませんし、自社社員以外のエンジニアにはなかなか質問しにくいといった側面もあります。

その点、自社の先輩エンジニアであれば、礼儀をわきまえてさえいれば仕事については聞き放題ですし、自らの成長スピードも相応に早くなることがほとんどです。

案件ガチャになりにくい

大手SESの場合、開発を行う機会を得れる事が圧倒的に多いです。

はじめは運用から入る場合もありますが、基本的に運用より開発の方が単価が高いという事もあり、開発側にエンジニアを回したいというのが本音です。

中小SESの場合、そもそも開発している現場にエンジニアを入れていない事があるのですが、大手SESの場合は必ずと言っていいほど開発を行う現場があります。

よって、基本的なキャリアプランとして開発の現場で活躍する事が含まれている場合が多く、先輩社員の指導の下で開発プロジェクトに従事する機会が必ず訪れます。

俗に言う案件ガチャという状態にはなりにくい環境が整っているのが大手SES企業の魅力の1つです。

研修制度が充実している

社内研修や技術研修について一定の支援がある事以上に、SESだけど調整つけやすいっていうのが大手の特徴の一つです。

SESでよくあるのが、現場の調整がつかなくて研修を受けれなかったり、キャリアプランが定まらない事です。

そういった現象は特に三次受け以降の会社なんかだとよく見受けられます。

その点、大手SESとしてしっかりと実績を残している企業はキャリア形成にも力を入れていますし、場合によってはSES以外のキャリアを築く事ができます。

この辺りは大手ならではの強みで、キャリア形成がしっかり定まらない会社に入るとどうしようもなくなるため、特に重要視しておきたい部分ですね。

部署移転や配置換えによりSESではない仕事にも関われる

大手SES企業の場合、SES事業自体が会社の一事業に収まっている場合が多く、他に事業展開をしている会社も少なくありません。

SESではなく受託中心にシフトしている企業もありますし、全く違う分野の事業を持っている事もあります。

こういった部署の違いによる業種の違いや仕事の違いは大手ならではですし、社内公募や部署異動によって違う仕事をやる機会を得る事もできます。

これが中小SES企業だとなかなか配置換えする訳にもいかず、一つの仕事をずっと続けている場合も多いです。

大手企業ならではの配置転換によって、SESではない仕事に従事する事も可能だと思うと自社開発希望の人の選択肢にもなりうる可能性を秘めています。

福利厚生が充実している

大手ならではの福利厚生。

当たり前と言えば当たり前ですが、交通費や住宅補助はもちろんの事、積立式の企業型年金や資格手当なんかも充実してるという特徴があります。

中小SES企業の中には現場までの交通費が満額きちんと請求できないしょうもない企業もあるので、支払われるべきお金がちゃんと支払われるというのが重要な要素だったりします。

大手SES企業で働くデメリット

メリットがあればデメリットがあるというのは当然の話で、ここからは大手SES企業で働く際のデメリットについてお伝えしていきます。

昇進すると技術よりマネージメントよりになる

大手SES企業は良くも悪くも大手であるが故に昇進するにつれてマネージメント寄りの仕事が多くなっていきます。

近年では技術を追い求めるスペシャリスト職のキャリアプランを設けている企業も増えてきましたが、老舗企業が多い大手SES企業では、そういった技術を追い求めていくキャリアがないパターンが多いです。

これはSESの特性を考えるとわかる事なのですが、「技術力がある=売上が上がる」というわけではなく多くのエンジニアをまとめ上げて売上が上がるプロジェクトを推進する事が会社に貢献する事に繋がる為です。

部下やパートナーをマネージメント出来てなんぼという世界なので、技術よりもマネージメント力が重宝されます。

いくら技術があろうが売上を上げれないと意味がない為、技術のスペシャリストよりも多くのエンジニアを管理するマネージャーの方が重宝されるわけですね。

融通は利かない

大手であるが故に融通は利きません。

SES企業に関わらず大手はルールがしっかりとしている所が多いので、作られたルールの中で仕事をする事が求められます。

それがいいか悪いかは別として、フットワーク軽く仕事をしたい人にとってはルールが鬱陶しいという話になりかねませんので、あえてデメリットに上げさせてもらいました。

上場企業も多い大手SESとなると、コンプライアンスはしっかりとしていますし、一定の企業ルールが確立されている為、突拍子もない人事や逆転昇進といった事は発生しません。

あらゆる面で大手らしさというものが出てきますので、固いルールに縛られる事が嫌であれば大手は向いていないかもしれません。

売上と給与は直結しない

近年、還元率をメリットとして社員募集している企業を見かけますが、大手SES企業の場合は自分の売上に比例した給与形態はとっていません。

給与テーブルが決まっており、昇進や年次に伴って昇給する事がほとんどです。

よって、自分の売上に対して還元してほしいという考えの人には大手は向いていませんので、還元してくれる企業を選ぶようにしましょう。

ベンチャーのようなオシャレさはない

大手SES企業がなぜ大手となれたかと言うと、健全な経営や順調にエンジニアを増やす事ができたからです。

どちらかというと堅実で当たり前の事を当たり前のようにやってきた企業が多いため、近年のベンチャー企業のような派手さやオシャレさとは縁遠い会社が多いです。

どちらかというと古き良き日本のサラリーマンを集めたような会社が多いため、オフィスのオシャレさやSNS映えするような企業ではない所が多いという事は把握しておきましょう。

大手SES企業と呼ばれる企業一覧

ここからは大手と呼ばれるSES企業について具体的に紹介していきます。

富士ソフト株式会社

SES企業としては知らない人はいないであろう富士ソフト。

1970年創業の老舗IT企業で2020年である今年は創業50周年を迎えます。

SES事業だけでなくソフトウェアを展開していたり、データセンターを保持していたりと様々なソリューションを掲げている為、SES事業以外でも売上を上げて大きくなってきた企業です。

トランスコスモス

東証一部上場企業であるトランスコスモス。

こちらの企業もSES事業を展開しています。

トランスコスモスというと顧客のECサイトを手掛けたり、マーケティングやセキュリティといった分野の情報発信をしていたりとSESとは遠いイメージを持っているかもしれませんが、実はSES事業も手堅く取り組んでいます。

顧客のECサイト制作や運営はB to B to Cと呼ぶべき事業ですが、業界内での評判も高い為、SES以外の事業に取り組むチャンスが欲しい人にとっては良い就職先と言えるでしょう。

株式会社システナ

SES事業に取り組んでいる大手企業として知らない人はいないシステナ。

大手としては富士ソフトに次ぐ業界第2位の規模で、3000人を超える従業員を抱えています。

いわゆる独立系SIerと言われている分類に入る企業で、ごりごりのSES事業を推し進めている会社でもありますが、業界の中ではかなり有名な企業ですので覚えておいて損はないです。

SIG

2018年に上場したSIG株式会社。

SI事業を中心に取り組んでいる企業で、SES事業にも非常に力を入れています。

上場してから2年ほどで、これからの成長が楽しみな企業です。

アクサス株式会社

2007年創業のアクサス株式会社は成長度合いに目を見張るものがある新興企業です。

ネオキャリアの関連会社として一気に成長し、あまりに成長著しい為、SES事業については行政から指導が入ったという話はあまりにも有名。

最近は行政指導が入った部分について改善し、派遣を中心にシステム開発を進めていく企業となっています。

ギークス株式会社

ギークスジョブを運営するギークス株式会社。

フリーランスを仲介するエージェント会社として成長し、上場を果たしています。

2020年には大阪へ進出し、更なる拡大を図ろうとしている企業です。

レバレジーズ株式会社

近年話題のレバテックを運営している会社です。

SES事業以外にも人材系事業をいくつも抱えており、IT業界以外にも人材を送り出している企業に成長しました。

SES事業ではフリーランスエンジニアを仲介し、エージェントとしての機能を担っており、レバテック自体がSES事業に取り組むというよりは人材を集める企業としての側面の方が強いです。

その他にもIT業界への転職支援や派遣業なども行っており、今後も勢力は拡大していく企業の1つとなっています。

クラウドワークス

最近よくCMをやっている事から知名度が上昇中のクラウドワークス。

フリーランスの仕事を繋ぐプラットフォームが有名ですが、実はSES事業にも取り組んでいます。

近年ではSES事業はクラウドテックという会社で運営しており、フリーランスを紹介するエージェント会社として知名度を上げてきています。

まとめ

大手SES企業のメリットをお伝えしました。

確率論の話にはなりますが、俗に言うSESのデメリット的な部分である、案件ガチャみたいな状況が起こりにくいのが大手SES企業のメリットです。

大手には大手らしいメリットが多く存在し、SESであっても開発に携われる機会が多いので自分の目で見てどんな事業に取り組んでいるのか実態を把握していきましょう。

単純な噂話でなく、本当にその企業が取り組んでいる事業内容と自分がやりたい仕事を照らし合わせて、働く企業を決めていってくださいね。

大手SES企業で働くメリットとデメリットとは?
最新情報をチェックしよう!